アートメイクって?

アートメイクってなに?

アートメイクは、皮膚のごく浅い部分に専用のニードルを使って染色するというメイクの手法です一度アートメイクを施しておけば数年間は色がもつので、普段のメイクのベース作りがとても楽になります。
施術にはニードルを使うため、毛を抜くときぐらいの痛みがある場合もありますが、クリニックによっては塗る麻酔などを使って施術をしてもらえる場合もあります。
さらに、色味やバランスなども相談しながら決めていくことができるので、濃くなりすぎてしまったり不自然になってしまったりという心配もありません。
アートメイクに興味はあるけど、実際の施術の流れや痛み、アートメイクの自然さが心配でなかなか踏み出せない人もいるのではないでしょうか。

日本では無資格施術でニュースになったり、技術力のない施術者によるトラブルなどが話題になりがちですが、リスクを理解した上で色々な情報と自分自身の納得があればアートメイク自体はそんなに怖いものではありません。

アートメイクとは?刺青とは何が違うの?

使用する器具や施術内容、方法はもちろん違いますが、一番わかりやすい違いとしては、刺青は一生消えず、アートメイクは3~5年で消えるという事です。
その理由は、色素を入れる皮膚の深さが違うためです。
皮膚は表皮と真皮の2枚から出来ており、表皮は角質を含む表面の薄い皮で、より下層部にある深い部分を真皮と言います。
アートメイクは表皮から0.02~0.03ミリの部分に着色して色を着けます。表皮の肌は新陳代謝を繰り返すため、徐々に薄くなっていきます。
それに比べ刺青はより深い真皮に色を入れるため、ほぼ退色することなく一生落ちることはありません。

アートメイクでは皮膚の薄い部分に施術をするため、1回の施術では色素が定着しづらく、間隔をあけて2~3回の施術をすることが一般的です。
また、刺青は麻酔をせずに施術をしますが、アートメイクは塗るタイプの麻酔をするというところも違いといえます。

そして、一番の違いとして挙げられるのはアートメイクを行う美容クリニックはもちろん医師が施術するということです!
刺青の彫り師には医師免許が必要ないと思われがちですが、本来はアートメイク同様に刺青も医師免許が必要となり、無資格の施術は違法となります。
しかしながら、刺青は歴史上文化として古来より行われてきたこともあり、医師資格を持っている彫り師はほとんどおらず、また刺青の技術を持つ医師もほとんどいないという事が現状です。
アートメイクをする上で、あまりにも安い価格であったり、医師が在中していないエステサロンだったりする場合は医師免許を持った人が施術をしてくれるのかに気を付けたほうがいいでしょう。

アートメイクはどんな方におすすめ?

アートメイクの基本的な事から、どんな人におすすめなのか紹介していきます。
例えばスポーツで汗を流すことが多い、毎日の化粧が面倒くさいという人にアートメイクは人気があります。

こんな人におすすめ
・自分ではうまくメイクができない方
・メイクの時間を短縮したい方
・スポーツやサウナで汗をかく機会が多い方
・眉が薄い方

顔の第一印象の8割は眉毛で決まると言われています。
例えば太く濃い眉毛であれば芯のある女性、太めの平行な眉毛は知的で優しい印象、アーチ形は女性らしい優しい印象に見えます。
そのため、朝の忙しい時間に眉毛が左右非対称だったり、自分のイメージする眉毛にならないとそれだけで外に出ることがおっくうになってしまいますよね。
眉毛が薄いとどうしても貧相で顔がぼやけてしまうので、眉毛が薄い方にもおすすめです。
また、アイラインはとても細く入れることが出来るので、自然に目元をぱっちりさせる効果があります。
ただし、アイラインは下瞼にも入れるときつくなりがちなので、より自然にくっきりさせたい人には上瞼のみのアイラインがおすすめです。

アートメイクのメリットデメリット

[メリット]

眉毛があるだけで顔立ちがはっきりするので、週末はBBクリームだけ薄く塗って外出なんてことにもあまり抵抗がなくなるかと思います。
・眉やアイラインを毎日描かなくてもよい
・メイク時間が短縮される
・素顔に自信がもてる

[デメリット]

刺青と違い、こだわりの強いデザインというわけではなく、アートメイク自体も段々と薄くなってくるのでちゃんとしたところを選べばそこまでデメリットにはならないかと思います。
・色素の除去が困難(レーザーによる除去は可能だが時間とお金がかかる)
・デザインの変更が困難

アートメイクを行う主な箇所

眉(アイブロウ)のアートメイク

女の子にとってアイブロウって重要ですよね!眉は顔の印象を決定づける上で重要なパーツです。
眉は人の印象を変えます。顔のパーツの8割を占めるほど、眉毛って重要なポイントなんです。
コンビニなどでちょっと出かける時はどんなメイクで行きますか?
「眉毛だけ描いてマスクするだけ」という方も多いのではないでしょうか?
眉を毎日書き足して整えるのは面倒なこともありますし、左右のバランスが悪くなってしまう、せっかくメイクをしても夕方には崩れてしまうことも多いでしょう。
また、プールや温泉に入るときや運動するとき、お泊りの時などにもスッピン眉では気になります。
アイブロウのアートメイクを施すことで、毎日のメイクのストレスが無くなるので素顔に自信が持てるようになります。

アイラインのアートメイク

アイラインへのアートメイク施術も人気です。女性なら誰しも目元の雰囲気というのは気になるもの。
「目を大きく見せたい!」
「目力をアップさせたい!」
と思っていても、うまくメイクができなかったり、メイク崩れに悩まされたりというケースも多いものです。
また、花粉症の時期にアイメイクができないという人や、目が悪くアイラインがうまく引けないという人もいます。
アートメイクで理想的な目元を作っておけば、ノーメイクでもぱっちりはっきりとした魅力的な目元になります。
アートメイクを施すことで、ぼやけた印象の目元から脱却できるのは嬉しい点です。

アートメイクの種類

手彫り/機械彫り

アートメイクには手彫りと機械彫りの2種類があります。
どちらがいいのかというと好みにもよりますが、手彫りの方がより一本一本毛を描くように自然に仕上がります。
機械彫りはより正確性があるので下手な人に手彫りをされるぐらいであれば機械の方がいいかもしれません。
ただ、機械でも濃くべったり色づくわけではないので人い言われない限りわからないぐらいです。
手彫りは特にですが、どちらにも言えることとして技術力のある人を見つけることが一番重要です。施術者の腕が全てです。

インクの種類

刺青の顔料には、磁性体を多く含む染料があるためにMRIを受けることが出来ない場合があります。
アートメイクも同様に金属を含む染料もありますので、金属が含まれていない染料を使用しているところで施術することをおすすめします。
MRIは磁場と電波を用いて体内などの画像を撮影するため、金属が含まれる染料を使う場合は染料に反応して火傷を起こす場合があります。
急に脳の検査を受けることになった場合にMRIを受けられなくなってしまうなんてこともあるので、染料の中に金属が入っていないか事前に知っておいたほうがが良いでしょう。

眉毛やアイラインの流行について

アートメイクは3~5年で消えないので、入れる際その年の流行だけで太さ・濃さを決めるのは注意しましょう。
その年は、「太め」が流行でも数年後「細め」が流行っていたら、消せない分同仕様もできませんね。
とはいえ、眉毛もそこまで短い期間での流行の移り変わりではありませんし、段々と薄くなってくるのでそこまで形の変化についていけないこともありません。
アイラインに関しては、そこまで太く長く入れない限り流行に左右されないと言えます。
昔のように濃くてくっきりした眉毛のアートメイクや、経年とともに青く変色するような染料は今ではほぼありませんので、より自然な眉毛に仕上がります。
またちょこっと気分を変えたいときにはコンシーラなどで軽く消して眉毛を描けばいいだけのことです。

アートメイクをするうえでとても大切なことは妥協をしないことです。
3〜5年間はそのまま消えないので、病院選びはもちろんのこと、デザインを決める際にも自分が気に入らない場合はとことん伝えて、自分自身が満足できるようにしてください。
自分の印象を変える顔の一部なので、妥協をせずに楽しんでアートメイクをしてもらえればと思っています。

  • コメント: 0

ブログの関連

  1. 気になるアートメイクのダウンタイムについて

  2. アートメイクについて -眉編-

  3. 男性からも人気の兆し!?男性向けアートメイク

  4. アートメイクの一連の流れについて

  5. アートメイクは施術後のケアが大事!!!

  6. アートメイクについて -リップ(唇)編-

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。