アートメイクについて -アイライン編-

目元に目力が欲しいなら、アイラインを使ったメイクがおすすめです。
アイライン1本で、目元に印象はガラリと変わります。どんな時でもキレイでいたい人は必見です。
また、絶対「スッピン」を見られたくないという方には必須ですね!!

大きな決め手は「アイメイク」

顔の印象を変えたい時は、アイメイクを工夫すると良いでしょう。
目元は相手に与えるインパクトが強いのです。
あなたが魅力的な目元をしているのなら、周りにいる人はつい見惚れてしまうことでしょう。
女性の多くがアイメイクに時間を掛けますが、それは自分が魅力的だと感じる雰囲気を、目元で作る事ができるからです。

目元をより魅力的にしたい時は、アイラインが活躍します。
濃ゆめのアイメイクだけでなく、薄めのアイメイクに対しても、その雰囲気を壊すことなく魅力を際立たせることができます。
しかし、アイラインの引き方や濃さを間違えると、アイメイクの雰囲気を壊してしまいます。
ちょっと長めに引いたり、色が濃くしたりするだけでも、雰囲気はガラリと変わります。
すっぴんでも目元は魅力的でありたいなら「アートメイク」がおすすめです!

アイラインのアートメイクはこんな人におすすめ!

メイクで次のような悩みがあるなら、アートメイクをおすすめします。

・目を大きく見せたい人
・メイクを落としても、魅力的な目元でいたい人
・メイクが落ちやすい人
・アイメイクが苦手な人
・加齢によるお肌のたるみでアイラインが引きづらくなった
・ケガやアレルギーでなかなかメイクができない
・すっぴんを絶対に見られたくない!

アイラインのデザインの種類

アイラインには、大きく分けて3種類のデザインがあり、その特徴によって印象も変わります。

[アウトライン]目を閉じてもラインが見えます。ラインは、まつげの生え際よりも外側に入れます。
[ナチュラルライン]アイラインの王道なデザインです。まつ毛の生え際に沿って、ラインを入れていきます。
[インライン]目力が強調されるラインです。まつ毛の生え際よりも、内側にラインを入れます。

それぞれの特徴に合わせて、デザインを決めることが多いです。

・ベースのラインを引きたい人は、[ナチュラルライン]がおすすめです!
・目を閉じてもラインを強調したい人は、[アウトライン&ナチュラルライン]が良いでしょう!
・ナチュラルに仕上げつつ、目を大きく見せたい人は、[ナチュラルライン&インライン]の組み合わせガベストです!

アートメイクの「メリット」「デメリット」

上記を見ると、メリットばかりですよね。しかしやはり「デメリット」もあります。
メリット・デメリットをしっかり理解し、度のタイミングで行うか計画を立てることも大事です!

[メリット]

・常に理想の目元でいられるので自信がつく
・メイクの時間が短縮できる
・素顔のままでも魅力的な目元でいられる

[デメリット]

・思っていたデザインと違う
・数ヶ月で色が薄くなって形が変わった or 形が消えた
・医療免許のないところで施術を受けると、健康被害が起きる事もある
・1週間ほど、行動制限がある

デメリットで一番きになるのは「施術後すぐの顔」です。やっぱり針を刺しているわけなので、終わった後キレイともいい切れません。
ほとんどの人が赤くなっているので、予定がある場合は相手にバレバレですし何も知らずに見た人はビックリしてしまいます。
人によっては腫れてしまうこともあるので、次の日に響いてしまうこともあります。
その為、アートメイクをするのであれば次の日がお休みで絶対に誰とも会わないように徹底したほうがいいですよ。
腫れや赤みがあるとどうしてもそこに目がいってしまうので「恥ずかしいしバレたくない」という人は、予定を入れる時に注意してくださいね。
さらに施術して2〜3日は触れてはいけないのでクレンジング剤を使用した洗顔ができないのも追わせれなく。
医師によっては当日でも可能ということもありますが、基本的には数日間は何も出来ないと考えておいてください。
針を指した箇所は色が浸透するまでに時間を置かなければいけません。
そうなると、クレンジングはもちろんですが石鹸、化粧水や保湿もできないんです。
皮膚に色を入れているので、その傷口部分に雑菌や汚れなども一緒に入ってしまうと化膿してしまうからです。
つまり化粧をするならファンデーションやBBクリームの下地なども、アートメイク部分を裂けて塗らなければいけません。
眉毛部分だと隠しようがないので、次の日が仕事の場合は困りますよね。
お湯で軽く洗ったりは出来ますが、施術当日は濡らさないように気をつけなければいけないのでちょっと難しいです。
その為アートメイクをする前にシャワーを浴びていったりとちょっと手間があるみたいです。

トレンドではなく、自分にあった「メイクの形」を見つける

眉・リップ同様で、事前のカウンセリングでなりたい「アイラインのイメージ」を明確に持つことは重要です。
人それぞれ顔のバランスや、表情が現れやすい形は異なります。なので、流行のメイクだけに着目しデザインを選ぶと失敗します。
まずは、自分の顔のバランスを知ることが大事です。バランスを見た後で、どうゆう形が表情を表現しやすいか研究しましょう。
こうしてデザインを決めると、アートメイクで失敗する事はありません。

アートメイクに不向きな方って?

一般的に、出血しやすい人や、痛みで涙目になりやすい人は不向きと言われています。
このような人は、アートメイクの色が入りずらかったり、色が落ちやすかったりします。
しかしいろいろな施術方法やアフターケアでカバーできるので、カウンセリングや問診で自分の体質も含めてしっかり相談しましょう。

花粉症におすすめ!アイラインのアートメイク

花粉対策用のメガネ等もありますが、オシャレに気を遣う女性にとってはなかなか手が出せないもの…かと言って目を掻かずにはいられない… 花粉症あるあるですよね。
さらに目を掻いてしまったり、涙が出てくることで、せっかくのアイメイクが台無しに…なんてご経験も多々あるのではないでしょうか。

「せっかくのデート前に綺麗にメイクをしても、待ち合わせ相手と会う頃にはボロボロに」
「会った瞬間目の下真っ黒だよ?と言われる」

そんな苦い思い出は作りたくないですよね。そこで!おすすめなのが、アイラインのアートメイクです。
水に濡れても、クレンジングを使っても、どんなに擦っても落ちることはありません!
花粉症で目をこする癖のある方も落ちないので大変便利です。

アートメイクを長持ちさせたいなら「目尻」に気をつける!

アイラインのアートメイクでやってはいけないのが、目尻を跳ね上げることです。
加齢によりまぶたがたるむと、目尻のラインが下がってきます。
最初の頃とアイラインのデザインが変わってしまうので、目尻は自分で付け足すことをおすすめします。

  • コメント: 0

ブログの関連

  1. アートメイクは施術後のケアが大事!!!

  2. アートメイクの一連の流れについて

  3. アートメイクって?

  4. アートメイクについて -眉編-

  5. 気になるアートメイクのダウンタイムについて

  6. 男性からも人気の兆し!?男性向けアートメイク

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。